世界は人で、できている。
HOME > PREX island > 日本企業の方々 > SDG/ESGから考える外国人技能実習制度②:大阪設備の宮田雄史です。

国際化を支えるダイバーシティの実現を②:ベトナム人と共生し続けられるような企業を目指します。- PREX Island

日本企業の方々 SDGs
SDG/ESGから考える外国人技能実習制度②:大阪設備の宮田雄史です。

株式会社大阪設備が考える外国人技能実習制度

2013年初頭、景気が良くなり始めたころ、業務拡大が課題となり、たまたまベトナム人実習生の話を聞き、受け入れにチャレンジすることになりました。
最初は言葉や文化、仕事に対する意識の違いに大変苦労しましたが、彼らの人間性に助けられ、乗り越えることができました。
当初は3年間の有期雇用でしかないと思っていましたが、彼らと接し、ベトナムを訪問し彼らの親御さんの話を聞き、次第に意識が変わってきました。
実習生は仕事の技術だけでなく、日本の文化や日本の良いところを学びに来ているお客さんであり、生徒であり、仲間であり、家族であると思うようになりました。
文化の違う外国人と一緒に生活するのは簡単ではありませんが、彼らのアイデンティティを尊重し、尊厳を傷つけないように接すれば、気持ちの距離は必ず縮まると考え、今後もベトナム人と共生し続けられるような企業を目指します

株式会社大阪設備 代表取締役 宮田 雄史さんロングインタビューはこちらから

株式会社大阪設備
ダクトの製造・施工。冷媒工事も開始。
ベトナム人エンジニア6名、ベトナム人技能実習生6名、合わせて 12名のベトナム人を雇用。
帰国したベトナム人技能実習生のためにベトナム工場を建設、出資。
 

第12回「e-toco(えーとこ)」は下記バナーから

配信日:2021年7月26日(月)
タイトル:「SDGs達成/ESGから考える 外国人技能実習制度②」
ゲストスピーカー:(株)大阪設備 代表取締役 宮田 雄史さん

PREXオンラインカフェ「e-toco(えーとこ)」

 

  • 掲載日:2021年11月21日
  • 企業名:株式会社大阪設備
  • 氏名:宮田 雄史氏
  • 役職・職名:代表取締役社長

関連記事