世界は人で、できている。
HOME > PREX island > PREXスタッフ > スタッフコラム⑬ 高山

大切な国、メキシコ- PREX Island

PREXスタッフ 世界の情報
スタッフコラム⑬ 高山

大切な国、メキシコ
Día de Muertos(死者の日)は、毎年11月1日と2日、死者を偲び感謝し、生きる喜びを分かち合うことを目的として祝うメキシコの伝統文化です。
2017年11月22日にアメリカで公開された映画『Coco(邦題:リメンバーミー)』で描かれ、ご覧になった方も多いかもしれません。
これまでたくさんのご縁があったメキシコは、私の大好きな国です。
初めての出張の時、メキシコシティへの着陸は夜でした。急旋回に驚いて窓の外を見ると、眼下に果てしなく広がる夜景……。
まさに『リメンバーミー』を彩る温かなオレンジ色に包まれ、その灯りとともにたくさんの人が生きていることを感じ、深い感動を覚えました。
その出張中、南部の州オアハカで出会ったカラフルな綿のストールは、長年愛用しています。

また、オアハカの黒い陶器「Barro Negro(バロ・ネグロ)」の天使も大好きです。
太陽と月が組み合わさった焼き物も、ずっと手元に置いておきたい一品です。
いつかまた、今度は家族とともに訪れたい国、メキシコ。
私にとって大切な国です。

写真1:ストールと太陽と月の焼き物
写真2:黒い陶器製の天使と元研修参加者からいただいたオアハカの花束

  • 掲載日:2021年11月22日
  • 氏名:高山
  • 役職・職名:国際交流部

関連記事