世界は人で、できている。
HOME > PREX island > 研修の参加者 > 母国で働く研修員:シリア企業家 イマード・ハイダールさん②

シリアの企業家イマード・ハイダールさん(3回シリーズの2回目)- PREX Island

研修の参加者 カイゼンプラットフォーム
母国で働く研修員:シリア企業家 イマード・ハイダールさん②

シリアの企業家であるイマード・ハイダールさんの帰国後のストーリー2回目。
写真は、2009年度の研修参加時のイマード・ハイダールさん(右から2人目)とご指導いただいた先生方です。
国際交流部 瀬戸口

シリアの企業家であるイマード・ハイダールさんの紹介記事です。(3回シリーズの2回目)

シリアのハイダールです。
前号に続き、日本での研修が私の人生をどのように変えたのかお伝えしたいと思います。
2009年度PREXの「総合的経営管理研修」に参加した私は、カイゼン活動、5S、見える化、カンバン、提案活動、品質マネジメントや品質管理など多くのことを学びました。
そして帰国後は工場や生活で実践するため、日本人専門家の協力で「3S活動」を始めました。
また同業者や他の経営者に普及すべく、研修に参加したメンバーとともに「経営改善プロジェクト」コースやワークショップを始め、JICA同窓会の協力でアラビア語の教科書も作成しました。

しかしシリアで戦争が始まり、アレッポにまで拡大した2012年に自分の工場はなくなり、破壊と狂気によって社員とともに始めたカイゼンや3S活動の全てを失いました。
しかし私たちはまだ元気にしています。
活動も止めません。
私は今も働きながら日本での経験や学びを最大限に活用し、友人、同僚、隣人、家族に伝えることで、シリアの復興やビジネスの復活に繋がり、それが他者を勇気づけると信じています。

<次号へ続く>

  • 掲載日:2019年11月25日
  • 研修名:2009年度「総合的経営管理研修」
  • 氏名:シリア企業家イマード・ハイダールさん

関連記事