世界は人で、できている。
HOME > PREX island > 日本企業の方々 > 共創の未来へ⑤

すべては、「人」。:こんにちは!畑ダイカスト工業の畑 浩基 です。- PREX Island

日本企業の方々
共創の未来へ⑤

 

こんにちは!畑ダイカスト工業の畑 浩基です。

職場環境はすごく厳しいです。とにかく暑い。
これまで国籍、宗教、文化、性別など関係なく弊社で働いてみたいという人を採用してきましたが、全員が辞めていきました。
魅力のある会社に変わらないといけないと考え、それまでやってきたことの真逆のことをしはじめました。

まず理念を作りました。
「世界中の企業・人と知り合い、いい人・いい製品を作り、関わる全ての人の夢の実現を目指します」。
いい人づくりをしながら、いい製品を作りたい。
「いい人」が作った「いい亜鉛ダイカスト部品」で関わる全ての人が幸せになれるような活動を我々はしていきたいとの思いです。
10年ビジョンの中で2030年に年商2億円の工場をベトナムに作ろうと計画しています。
この計画は、私一人でたてたのではなく、マイン君も一緒に計画しました。
そして理念、ビジョン、計画、会議、朝礼、週礼、週末の会議などを大切にしています。
マイン君には、私たちと一緒になって会社を作っていくのを手伝ってくれることを期待しています。

製造現場は職人の世界なので、共通言語がなくても見て感じて覚えることが大切です。
自分がこの仕事に入ったときに職人さんに「教えて」と言っても誰も教えてくれず「見て覚えろ」と言われました。
となると言葉で説明を求めようとする日本人より、じっと見て感じて覚えようとするベトナムの方のほうがずっと習得が早いのです。
もともと職人の世界は、言葉や国を超えているのだと思います。
私は技能実習生にうちに来てもらうときには、その技能実習生のベトナムの実家を訪問しています。
向こうのお父さん、お母さん、親戚や近所の人、誰かわからない人も集まってきて「初めて日本人が来た!」と迎えてくれます。
向こうのお父さんもお母さんも自分の子がどこに行こうとしているのか、どんな社長か、信用できるのか、絶対心配しているだろうな、絶対会いに行って挨拶しておくべきだなと思っています。

畑ダイカスト工業株式会社の畑社長のロングインタビューはこちらから

会社概要:畑ダイカスト工業株式会社

東大阪市西石切町、亜鉛ダイカスト鋳造(超精密部品)
主な生産品は、自動車の部品や住宅用の建築金物等の大物加工から超精密部品であるエンジン 内部のシリンダーの加工まで多岐にわたる。
従業員数10名、うち5名がベトナム人。
畑社長は、2017年に2代目として事業承継。

2006年:ISO9001取得
2018年:大阪の元気なものづくり企業  匠認定 経営力向上計画取得

  • 掲載日:2021年7月22日
  • 企業名:畑ダイカスト工業株式会社
  • 氏名:畑 浩基氏
  • 役職・職名:代表取締役社長