世界は人で、できている。
HOME > PREX island > 日本企業の方々 > 様々な背景を持つ幅広い年齢の人が、長く働き続けられることを大切に。

当社初の外国人社員が誕生しました。- PREX Island

日本企業の方々 発見
様々な背景を持つ幅広い年齢の人が、長く働き続けられることを大切に。

三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 会長(右)とインドネシア出身のアンドリーさん(中央)、指導員の山口さん(左)

大阪市城東区にある三元ラセン管工業株式会社 会長の高嶋博です。

8月から、新しい仲間が増えました!
当社初の外国人の社員で、インドネシア出身のアンドリーさん32歳です。
彼はインドネシアで英文科を卒業し英語の先生をしていたのですが、結婚して来日。
日本語を習い、日本語検定2級を取得しています。
ポリテクセンターで溶接を習い、資格も持っています。
ハローワークで紹介され、文化の違いに対応できるか心配もありましたが、話しているうちに日本の文化に馴染んでいることが分かったので来てもらうことにしました。

弊社は社員数24名。
年齢の幅は26歳から80歳です。
80歳の方はシルバーセンターから来ていて半日だけですが、うちの大事な戦力です。
そんな多様なメンバーの中でアンドリーさんはすごく熱心で、ベテラン溶接士から毎日教育を受けて技術を身につけています。
アンドリーさんや面接に来る日本人の若者に「どうして前の仕事を辞めたのか」と話を聞くと、「週休2日ではなかった」「サービス残業があった」「自分の仕事が終わっても帰れなかった」等の理由が多いです。
弊社のベローズとフレキシブルチューブ(フレキシブルホース)の設計・製造の仕事には、技術を覚えなくてよい作業はありません。
技術を身につけてもらった人にはずっと仕事をしてほしい。
だから完全週休二日制やパートタイマーの正社員化、教育訓練の機会づくりなど社員が辞めない会社作りをずっと目指してきました。
でも中小の企業にとって、こうした制度を整えること、ましてやPREXの「ベトナム人リーダー育成研修」に費用を払って外国人社員を参加させ教育するといった余裕はないのが現実でしょう。
しかし、うちのように様々な背景を持つ幅広い年齢の人が、長く働き続けられることを大切にする考え方が少しでも広まっていくとよいと思っています。

(2019年12月19日 )

  • 掲載日:2019年12月19日
  • 研修名:ベトナム人リーダー育成研修
  • 訪問先:三元ラセン管工業株式会社
  • 氏名:高嶋 博氏
  • 役職・職名:会長

関連記事