世界は人で、できている。
HOME > 研修レポート > ~2022年度JICA 中小企業振興政策(B)~(2022年8月~9月)

~2022年度JICA 中小企業振興政策(B)~(2022年8月~9月)

6~7月に実施された「中小企業振興政策(A)」に続き、本研修「中小企業振興政策(B)」が8~9月に実施されました。
中小企業振に関わる国や地方自治体、団体、企業等に協力いただいて日本における中小企業振興の取り組み内容を紹介し、参加各国の事例も共有することによって、自国の課題を抽出しその解決策を立案することを目的としています。
 コロナウィルス感染対策のため、本研修も遠隔での実施となりました。 
 本研修では「中小企業振興政策(A)」の研修内容に加え、中小企業基盤整備機構のライブセッションにおいて質疑応答の時間を追加し対応いただきました。これによって、事前にオンデマンド教材で学習し、その内容について疑問に思ったことを直接質問できる機会となり、研修員から積極的に質問が出ていたことが印象的でした。
  上記を含めオンラインセッションを計9回取り入れたことで、研修員同士の一体感が生まれ、和気あいあいとリラックスした雰囲気で、積極的に様々なディスカッションが行われました。
  その中でもコースリーダーの文能先生には的確なご指導をいただき、最終的には各自の課題解決のためのアクションプランも完成しました。 
   さらに、中小企業の経営事例を学ぶため、西當照明からのライブ講義も行いました。
  事前に撮影した工場の様子を動画で流し、オンラインで経営者から解説を加えていただく等工夫することで、実際に企業訪問をしているような臨場感あるライブ講義となりました。
  また、中小企業に対する行政による支援策を活用した経営者から生の声を聞けたことは、学びを深めるよい機会となったと好評でした。 

~JICA中小企業振興政策(B)~

★日程: 2022年6月20日~2022年7月22日
★参加者:中小企業振興に携わる中央省庁、地方自治体、商工会議所等の職員6名(オブザーバー3名)
★参加国:エチオピア、カメルーン、セネガル、イラク、パレスチナ、ヨルダン
※オブザーバー参加: ケニア、ガーナ、ミャンマー 各1名参加
★コースリーダー: 近畿大学 文能照之 教授
★委託元機関:JICA関西
★講師・訪問先(敬称略 順不同)
【講師・訪問先】
近畿大学 文能照之 教授
中小企業基盤整備機構 
中小企業庁 
歴史街道推進協議会 
日本政策金融公庫 
兵庫県信用保証協会 
中小企業診断協会 福田尚好 相談役
大阪産業局MOBIO事業部
西當照明
千総 

8:働きがいも経済成長も

(担当:佐賀、山内 2022年11月2日掲載)

*本研修に関するお問い合わせは、こちらへお願いします。
prexhrd-pr@prex-hrd.or.jp