世界は人で、できている。
HOME > 研修レポート > 地域振興・観光振興 > ~2021 JICA持続可能な観光地域づくりのための人材育成~(2021年5月~7月)

~2021 JICA持続可能な観光地域づくりのための人材育成~(2021年5月~7月)

 

コロナウィルス感染拡大の影響で、観光研修は今年度も遠隔研修として実施されました。
今年度は、より多くのKnowledge Co-Creationの機会をもつべくライブセッションを設け、講師と研修員同士が直接かかわれる場、議論、意見交換の場としました。
訪日がかなわず、研修員達は本研修の醍醐味でもある現地を見学して雰囲気、取り組みを体感するという経験が出来なかったのは残念でしたが、ライブ講義をはじめとして、講師、訪問先の方々が貴重な講義、豊富な教材を提供してくださいました。
研修全体での学びは、地元の人、旅行者、環境等、地域社会全体にとってプラスになるような持続可能な観光地域づくりとそれに必要な人材育成を考えていく中で大きなヒント、足がかりとなったと思います。
また、研修員は非常にまじめで意欲的な方が多く、ライブ講義での質疑応答はもちろんのこと、ライブディスカッションの場では議論が大いに盛り上がり、研修を担当する側も大きな刺激を得ることが出来ました。
 今後、訪日でも遠隔でも、研修員にとって忘れられない感動体験、学びの場を提供できるように尽力していくつもりです。

~2021 JICA持続可能な観光地域づくりのための人材育成~

★日程:2021年5月31日~2021年7月2日
★参加者:観光地域づくりを通じて持続可能な観光振興を推進する関連省庁、地方自治体またはその外郭団体に所属し、「観光地域づくりを行う人材育成」の計画を作成し、実施を担当する方々 9名
★参加国:アルメニア、アゼルバイジャン、ブータン、エチオピア、キリバス、モンゴル、パキスタン
★コースリーダー:阪南大学 清水苗穂子教授
★委託元機関:JICA関西
★講師・訪問先(敬称略 順不同)
【講師】
拓殖大学 山本尚史 教授
【訪問先】
・豊岡市役所
・豊岡観光イノベーション
・歴史街道推進協議会
・山陰インバウンド機構
・大阪産業局 MOBIO事業部
(以下映像資料作成協力先)
・城崎温泉「錦水」
・かんなべ自然学校
・たけの観光協会
・但馬国出石観光協会
・たくみ工房
・SOZORO(城崎温泉観光情報センター)
・全但バス
・IROHA STANDARD
・豊岡市地域おこし協力隊

8:働きがいも経済成長も 9:産業と技術革新の基盤をつくろう 17:パートナーシップで目標を達成しよう

(担当:島田、阿部、狭間、松本 2021年8月4日掲載)