世界は人で、できている。
HOME > 研修レポート > 中小企業振興 > ~2020年度JICA中小企業振興政策(A)~(2021年2月~3月)

~2020年度JICA中小企業振興政策(A)~(2021年2月~3月)

コロナウィルス感染拡大の影響で、本研修もオンデマンド中心の遠隔研修として実施されました。
本研修では、中小企業振興に関わる国や地方自治体、団体、企業等に協力いただいて日本における中小企業振興の取り組み内容を紹介し、参加各国の事例も共有することによって、自国の課題を抽出しその解決策を立案することを目的としています。
本研修より先に開始されていた遠隔研修での学びも活かし、研修員同士で情報共有が出来るよう試行錯誤しました。その中でも、研修の期間中に実施した2回のオンラインセッションでは、コースリーダーの平井先生に直接ご指導いただくことができ、研修員からも好評でした。
研修員は世界各国からの参加になるため時差の問題はありますが、少しでも生の声が飛び交う研修が実施できるよう、次回、遠隔研修実施の際はオンラインセッションの回数を増やすことも検討したいと思います。

~2020年度JICA中小企業振興政策(A)~

★日程:2021年2月17日(水)~3月5日(金)     
★参加者:中小企業振興を担当する中央省庁、地方自治体、商工会議所等で経営強化に携わる職員13名
★参加国:ウガンダ、エチオピア、エルサルバトル、カンボジア、モンゴル(2名)、ウクライナ、ナイジェリア、スーダン、ヨルダン、イラク、タンザニア(2名、オブザーバー)
★コースリーダー:武庫川女子大学 平井 拓己 准教授
★委託元機関:JICA関西
★講師・訪問先(敬称略 順不同)
※オンデマンド教材の提供・ライブ講義
武庫川女子大学 平井拓己 准教授
中小機構基盤整備機構
日本政策金融公庫
兵庫県信用保証協会
中小企業診断協会 相談役 福田尚好 様
大阪府商工労働部(MOBIO)
近畿工業

 

(担当:佐賀 2021年4月8日掲載)