世界は人で、できている。
HOME > 研修レポート > 中小企業振興 > ~2020年度 JICA中小企業振興のための経営強化(金融アクセス)~(2021年2月)

~2020年度 JICA中小企業振興のための経営強化(金融アクセス)~(2021年2月)

コロナウィルス感染拡大の影響で、本研修もオンデマンド中心の遠隔研修として実施されました。
本研修は、途上国で中小企業振興に携わる行政官等が、金融アクセスに係る支援体制や制度、その制度の活用方法を学び、金融アクセスの課題を解決するための経営強化(金融アクセス)改善策を策定することに通じて、より効果的な施策の立案及び行政官としての実務能力の強化を目指すものです。
研修の流れとしては、国政・全国レベルでの中小企業振興政策・施策等を学び、その後 各種施策の実践現場である地方自治体レベルの取組みを学びます。研修の中で、日本の実例を紹介いただく地方自治体の選定に当たっては、その支援先企業も併せて検討し、公的機関や金融機関からの支援等の具体的内容やその評価も講義に含むことにより、研修員にもイメージが出来るよう研修を構成しました。
遠隔研修のため、訪日研修に比べると、研修員同士で情報共有をすることが難しい状況でしたが、全員が閲覧できる共有シートの作成やチャット機能を活用することにより、少しでも情報共有の場を設けることができたと思います。

~2020年度JICA中小企業振興のための経営強化(金融アクセス) ~

★日程:2021年2月1日(月)~2月26日(金)   
★参加者:中小企業金融支援を担当する中央省庁、地方自治体、金融機関、商工会議所等で経営強化(主に金融支援)に携わる職員9名
★参加国:ミャンマー、ナイジェリア、スーダン、東ティモール、チュニジア(2名)、ザンビア、タンザニア(2名、オブザーバー)
★コースリーダー:大阪商業大学 林 幸治 教授
★委託元機関:JICA関西
★講師・訪問先(敬称略 順不同)
※オンデマンド教材の提供・ライブ講義
大阪商業大学 林 幸治 教授
龍谷大学 松岡 憲司 名誉教授
中小企業診断協会 相談役 福田 尚好 氏
中小機構基盤整備機構
日本政策金融公庫
兵庫県信用保証協会
滋賀銀行
大阪中小投資育成
大阪府商工労働部(MOBIO)
西當照明

 

(担当:佐賀 2021年4月8日掲載)