世界は人で、できている。
HOME > 研修レポート > その他 > ~2019年度立命館大学経済学研究科博士課程(前期)中小企業振興留学生向け夏期研修~(2019年9月)

~2019年度立命館大学経済学研究科博士課程(前期)中小企業振興留学生向け夏期研修~(2019年9月)


この研修は、立命館大学経済学研究科に在学中の留学生が日本の中小企業振興について理解を深めることを目的としています。
留学生は、日本では立命館大学の学生ですが、本国では行政機関や金融機関、NGO、民間企業などに勤務をしています。
彼らは日本の中小企業支援に対する政策や取り組みなどについて非常に高い関心を持っています。
大学においての日々の研修に加え、実際に中小企業支援を行う行政機関や銀行等を訪問し、直接交流する機会を持つことによって、今後の研究や帰国後の業務の参考にしてもらうというのがこの研修の目的です。
 研修では、日本の中小企業振興を支える地方銀行、法律、条令等の整備を行う省庁、地方自治体および関連する外郭団体、
行政などから支援を受けている中小企業、日本の産業を支える大企業をそれぞれ訪問し、各方面での中小企業振興への取り組みを学びます。
(PREX 国際交流部 狭間)

 

~2019年度立命館大学経済学研究科博士課程(前期)中小企業振興留学生向け夏期研修~

★日程 2019年9月16日(水)~9月20日(日)
★参加者 博士課程前期課程 留学生 7名、学部生7名
★参加国 キルギス、ナイジェリア、インドネシア、フィリピン、バングラデシュ、ウズベキスタン、韓国
★コースリーダー 立命館大学 黒川清登 教授
★講師・訪問先
京都銀行 日本銀行京都支店 浜田 近畿経済産業局 滋賀県庁 滋賀県産業支援プラザ パナソニック・アプライアンス社