世界は人で、できている。
HOME > PREX island > PREXスタッフ > 新事務局長と新入職員のご挨拶(2021年4月1日付)

新事務局長・新メンバーのご紹介- PREX Island

PREXスタッフ
新事務局長と新入職員のご挨拶(2021年4月1日付)

写真左から、4月1日付 事務局長就任 武谷 進(2020年6月1日付 株式会社クボタから出向)、
4月1日付 入局の松本 しょう、児島 千晶です。
みなさま、よろしくお願いします。

この度 4月1日付をもちまして事務局長に着任いたしました。PREX設立の経緯と目的を踏まえて、関係者の皆様と共に人材育成、関西経済の国際化に貢献できるよう全力を尽くす所存でございます。今後ともよろしくお願い申し上げます。武谷 進

はじめまして。
2021年4月より入局しました松本 しょうと申します。
学生時代は民俗学を専攻し、北ヨーロッパのバルト三国特にラトビアの民間信仰について現地でのフィールドワークを基に研究してきました。
研究での滞在のほか、学生時代の国内外での海外の方々との交流を通して、様々な文化と触れ合うことに興味をもつとともに、日本の中にいただけでは、あるいは日本人のみのコミュニティでは気づいていなかった、あるいは意識してこなかった貧困、差別、紛争などの世界のあらゆる問題に関心を持ちました。
同じ地球の一員としてそうしたことの解決に少しでも貢献したいという思いから国際協力に関わる仕事がしたいと感じ、進路を探す中でPREXの人材育成事業に携わりたいと思い、入局を決めました。
ヨーロッパ以外での海外経験はほとんどないため、また、研修によっては、まだ知識の少ない部分もあるかもしれませんが、いち早く仕事に慣れて、PREXの一員として活躍できるように日々取り組んでいきたいです。
一つ一つの仕事に持ち前の好奇心の強さを生かして、貢献していきたいと思います。
よろしくお願いします。 (松本 しょう)

はじめまして。この度、PREXに入局しました児島です。
学生時代は幅広く教養科目を学ぶ学部に所属をしており、特に国際関係や国際協力の分野に関心を持ちました。大学の勉強のみならず、日本の外にも足を運び、カンボジアの学生との国際交流やヨルダンでの難民支援活動を通じて、「人」を育てる人材育成の重要性を実感しPREXへの入局を志望しました。
今後、仕事を通じて国内外を問わず、多くの方々にお会いできるのを楽しみにしております!(児島 千晶)

  • 掲載日:2021年4月8日
  • 氏名:PREXスタッフ