世界は人で、できている。
HOME > PREX island > 日本企業の方々 > 使った水をきれいな水にして川に返したい。エコの輪!

SDGs×エコの輪②- PREX Island

日本企業の方々 SDGs
使った水をきれいな水にして川に返したい。エコの輪!

紙づくりを通して循環型社会の「輪」を作りたい。

山陽製紙株式会社 代表取締役の原田 六次郎です。
わたしたち、製紙業では大量の水や、電力、ガスなどのエネルギーを使用します。
創業50周年の時に経営理念を「私たちは紙創りを通してお客様と喜びを共有し、環境に配慮した循環型社会に貢献します」と見直しました。
循環型社会を作っていかなければ、企業を存続させていくことができないと考えたためです。
この経営理念を基に、循環型社会に貢献するための様々な取り組みを行ってきました。
例えば川の掃除を行ったり、エコ検定やCSR検定を受けることを社員教育の一環として行ったりしてきました。
また高度排水処理設備を導入し、紙を作るために使った水をきれいな水にして川に返しています。
そんな取り組みを続けてきて、「環境ひとづくり企業大賞」を環境大臣から直接いただいたときは嬉しかったです。
また、「PELP!」という使用済みのコピー用紙を回収して再生紙の各種製品にアップサイクルするサービスも行っています。
製紙会社としての強みを発揮し、貴重な資源である紙を捨てずに再び紙として再生させる、循環型社会を作っていきたいです。

  • 掲載日:2019年11月25日
  • 研修名:第3回 上本町SDGs大学
  • 訪問先:山陽製紙株式会社
  • 氏名:原田 六次郎氏
  • 役職・職名:代表取締役社長