世界は人で、できている。
HOME > PREX island > 研修の参加者 > 母国で働く研修員:

ナイジェリアのラゴス商工会議所ヘンリーさんと中小企業専門支援機関SMEDENレジーナさん(3回シリーズの1回目)- PREX Island

研修の参加者 仕事の流儀
母国で働く研修員:

ナイジェリアのラゴス商工会議所のヘンリーさんと中小企業専門支援機関SMEDENのレジーナさんの紹介記事です。
(3回シリーズの1回目)

所属先は違えど、二人とも担当企業の抱える問題解決に強い思いで取り組んでいます。
自分の努力に対して上司から思った評価がもらえず、やきもきすることも多くあるようです。
3回にわたって彼らの仕事をお伝えします。
国際交流部 前田

ラゴス商工会議所のヘンリーです。(写真左)

会員企業の問題解決、新会員探し、セミナー開催が私の主な仕事です。
24時間体制で企業を支援し、すべての職員が高いモチベーションをもって働いています。
中小企業向けのセミナーや個別面談等、精力的に活動しているつもりですが、その努力に反して、上司からは自分が思ったように評価されていないのが現状です。
部下には監督者から与えられた仕事や目標に対して、全力で仕事をするよういつも励ましています。

中小企業専門の支援機関で働くレジーナです。(写真右)

この仕事はたくさんの起業家の方に会うことができ、微力ながら私の知識で彼らの問題解決に尽力できることにとてもやりがいを感じています。
部下に対しては、いつも最大限の成果をだしてもらえるよう、一緒に挑戦し、失敗し、成功するというプロセスを繰り返し、高いモチベーションをもって働ける環境を作ることを意識しています。
「いい仕事をしたければ、恥ずかしがらずにマネから入ってもいいじゃないか!」 これが私のモットーです。

<次号へ続く>

  • 掲載日:2019年10月27日
  • 氏名:ラゴス商工会議所 ヘンリーさん,中小企業専門支援機関SMEDEN レジーナさん