世界は人で、できている。
HOME > PREX island > 研修の参加者 > おもてなしから学びました。

フィリピンのマルです。観光を通してフィリピンのために働きたい。- PREX Island

研修の参加者 仕事の流儀
おもてなしから学びました。

フィリピンのマルです。観光を通してフィリピンのために働きたい。

「JICA持続可能な観光地域づくりのための人材育成 日本のおもてなし研修」に参加したフィリピン・パンガシナン州政府のマルです。
研修中に、夜の大阪を散策していて道に迷ってしまいました。
たまたま出会った若い家族は、どう行くのか教えてくれただけでなく、駅まで連れて行ってくれました。
祇園のレストランで働く若者は、何も買っていないのにお手洗いを使わせてくれました。
こんな小さな出来事から、日本には人々の中に「おもてなし精神」が息づいていることを感じました。
それは「サービス」という言葉を超えるものだと思いました。
「おもてなし」は日本に限ったものではなく、世界中の人に共通するものだと信じたいです。
それは国籍などとは無関係の「仲間への思いやり、やさしさ、相手を敬う気持ち」です。
もしかすると人間が忘れてしまった「心」かもしれません。
「自分」は他の人々との間の中に見出せます。
「観光」は世界中の人々がつながる道を整えます。
人は国の最も大切な観光資源、財産であり、観光業は人に基づいた産業です。
日本での研修は、共に学び、体験をし、それぞれのアイデンティティや文化を認め合う「一生に一度の機会」だったと思います。
日本の「おもてなし」から学んだすべてのことを活かし、観光を通して自分の国のために働くことで、日本で学ばせてもらったことに恩返ししたいと思います。

 

  • 掲載日:2019年9月27日
  • 研修名:「JICA持続可能な観光地域づくりのための人材育成 日本のおもてなし研修」
  • 訪問先:フィリピン パンガシナン州政府
  • 氏名:マルさん