世界はひとで、できている。
HOME > PREX island > PREXスタッフ > スタッフコラム② 前田智帆

ラマダン- PREX Island

PREXスタッフ メッセージ
スタッフコラム② 前田智帆

今月6月4日、イスラム教徒は約1カ月のラマダン(断食期間)を終えました。
日のあるうちは飲食しない。それをもって貧しい人々の苦しみを知り、富を分配する必要を再確認します。
私がいたセネガルでは、その期間、その年の悪態の許しを請うたり、富を持つ人は砂糖やナツメヤシ、お米等を周りに分け与える習慣があります。私も、友達にプレゼントを持っていったり、日暮れ後のご飯を一緒に食べたりしました。周りを想う彼らの文化を尊敬するばかりです。
*大学卒業後、セネガルで海外青年協力隊として活動した経験を持ち、今年4月にPREXの仲間となりました。これからよろしくお願いします。

Muslims marked the end of Ramadan for about one month on 4th June.
They don’t eat neither drink when sun is up.
Through that acts, they know suffer of the poor and confirm importance of wealth sharing. In Senegal, where I was, they have habits to excuse their bad attitudes and share the foods for example sugar, date, rice, during Ramadan.
This year I did same as them and ate dinner together. I do deeply respect them to be able to think and help around.
I hope that you have a peaceful year as you pray.
*After graduation,I worked in Senegal as JICA volunteer and became a member of PREX from this April.
Nice to meet you . 

  • 掲載日:2019年6月7日
  • 氏名:前田智帆
  • 役職・職名:国際交流部

関連記事