世界はひとで、できている。
HOME > PREX island > 日本企業の方々 > 株式会社ベル 代表取締役 奥 斗志雄氏

5S活動は、人を育てる手段。働き方の真理を追求したい!- PREX Island

日本企業の方々 カイゼンプラットフォーム
株式会社ベル 代表取締役 奥 斗志雄氏

訪問企業の声 株式会社ベル

5S活動は、 人を育てる手段。 働き方の真理を追求したい!

株式会社ベル 代表取締役 奥 斗志雄です。
愛と感動を大切にするビルメンテナンスの企業です。
当社では、海外からの研修員の皆さんに、当社の経営理念や5Sについて紹介しています。
5Sは、日本特有の文化背景により成功している面もあるので、研修員の参考になるのか疑問に思うこともありましたが、世界の研修員が、日本企業の取り組みを参考にして活動していると知り、嬉しく思っています。
今の日本は、「働き方改革」の流れで、人が働く時間を減らすのがよいという風潮があります。
働くのは、なるべく短い時間にして、自分の時間を大切にする方が増えているようです。
しかし、本来、「働く」ということは、そんなものではありません。
人は、「働くこと」を通じて、幸せの実感を得ます。
志を持って働き、社会的な責任を果たすということ、人の役に立つということが人間の本質的な喜びだからです。
当社でも、「働き方改革」で、会社の休日を増やすことなど、対応に苦労していますが「働くこと」に喜びを感じる場を作ることこそ、今の時代に求められていることだと考えています。
日本全体から「一生懸命働き、家族を養う」というバイタリティが薄れてる中で、PREXの研修で、途上国の方と交流すると、日本の若者に欠けている勤勉さ、未来を夢見る力、家族を思う気持ちに「強さ」を感じます。
当社でも外国の方に社員として働いてもらい、日本人社員が「家族のために」「日本で家を持ちたい」というような志に触れる機会が必要ではないかと考えています。
研修員の皆さんには、帰国後もすばらしい幸せが実感できる生き方と働き方をしていただいて、家族や自国を良くしていただきたいと思っています。
われわれ日本人も負けずにがんばりたいと思います!

株式会社ベルのきらめく5S学校!

「関西5S大会」で聞いた人に焦点を当てた「足利流5S学校」の考え方に共感し、「一般社団法人きらめく5S学校」を作りました。
「足利5S学校」の兄弟校です。
参加者は、 5S ・カイゼンを正しく理解し、社内での活動を推進する実践力を身につけることができます。
参加企業間の交流で、他社の推進者の刺激とヒントを得る場も作っています。
今年で4期目になり、これまで13社から71名が「5S ・カイゼンコーチ育成講座」に参加してくれました。
この学校の根底にある考えは、5S活動が人を育てる手段で、5S活動を通じて、人が理想とする働き方の真理を追求したい、物ではなく人に焦点を当てた5S活動を支援し、働く人の「考える力」を育てたいということです。
人が成長するには、与えられた仕事をこなすだけでなく、自ら考え行動し、発言して振り返る、この過程が必要です。
海外からの見学の受け入れやサポートもこの活動の一環としており、「働くとは何か」「幸せとは何か」真理を追究する場を、世界中に広げていきたいと願っています。

  • 掲載日:2019年2月21日
  • 訪問先:株式会社ベル
  • 氏名:奥 斗志雄氏
  • 役職・職名:代表取締役