日本の省エネ教育の現状は「JICA省エネ技術と技術普及のための行政の取り組み」研修(2016年12月)

「甲山自然の家」と同施設を訪問した研修員

こども環境活動支援協会(LEAF)

LEAF は、持続可能な地域づくりを基に次の時代を生きる子ども達の育成を多様な角度から支援しています。研修員にご講義いただいたのは、小川雅由さん。元西宮市の職員でLEAF を立ち上げた方です。市役所職員時代に子供たちに環境について教える仕事をされていましたが、市役所を退職し、今は、この仕事に専念されています。研修では、西宮市が「環境学習都市宣言 子供版行動憲章」をふまえ、学校や地域において、環境教育と環境活動を行っていることをご説明いただきました。
LEAF は、1998 年に西宮市の呼びかけによって市民・事業者・行政の協働で設立されました。2002年に、特定非営利活動法人(NPO 法人)として兵庫県から認証を受け、現在に至っています。略称としては、英語名称のLearning and Ecological ActivitiesFoundation for children の頭文字をとってLEAF(リーフ)と呼ばれています。
LEAF は、地球環境に配慮した暮しのできる地球市民として、子どもたちが健全に成長していくことを目指されています。持続可能な社会の担い手としての成長です。そのために必要と思われる各種事業を、市民団体、企業、行政と連携して地域や学校で実施されています。

エコカード、知ってますか?

「エコカード」の活動は1998 年から西宮市内小学生全員を対象に実施しています。学校、地域、お店での各活動に「エコポイント」があり、「エコカード」にスタンプを押印して「アースレンジャー」になるしくみです。
子供たちが意欲的に学校や地域、家庭でエコを意識できるように考えられています。

 

事業の概要

  • 西宮市の環境学習事業
  • 西宮市立甲山自然環境センター指定管理者
  • JICA 草の根技術協力事業(ソロモン)
  • JICA 課題別研修(廃棄物管理)
  • 行政・企業と連携した都市型里山への取り組み

 

大阪府立四條畷高校

四條畷高校は、文部科学省が指定した「スーパーサイエンスハイスクール校」で、「エネルギー問題」を探究する授業や課外授業、環境先進国ドイツとの交流など、未来の科学者を育成する活動に取り組んでいます。1 学年360 人のうち160 人を対象にエネルギーに特化した授業を実施しています。
今回の研修員の訪問では、校長先生から日本の学校教育の現状についてお話しいただき、後半に、高校生の皆さんと研修員の交流会の時間を持ちました。生徒の皆さんは、四條畷市の姉妹都市メアブッシュ市を訪問しドイツのエネルギー事情を学んだ9名です。
高校生はドイツでの課題研究の成果報告に続いて、研修員と持続可能な社会の実現に向け積極的に意見交換しました。「二酸化炭素は国や企業が排出した分を回収する法律があるといい」「原子力発電についてどう考えるか」といった日頃感じている疑問に、研修員は各国の状況を踏まえて考えを伝えていました。

スーパーサイエンスハイスクールの探究授業の様子を見学した研修員。

スーパーサイエンスハイスクールの探究授業の様子を見学した研修員。

ドイツでの経験発表。研修員との意見交換の様子

 
ベネズエラ大学教授
メアリさん
省エネ推進に一番大切なものは、教育
ベネズエラは世界一電気代が安い国です。石油もあり、国民の省エネへのモチベーションは高いとは言えません。日本を訪問して、省エネ推進に一番大事なのは教育だと考えるようになりました。私は大学で学生に教えていますが、大学は、教師や生徒に教え、政府に伝えることができる立場にあります。この立場を活かして、日本で学んだ省エネ推進について発信したいと考えています。
またLEAF の取組んでいる「エコカード」を使って、エコ意識を高めるしくみづくりに取り組みたいと思います。
パキスタン
シャヒッドさん
共に学び競争することが成長の原動力
学校という「国をつくる教育の現場」を見せていただいたことに感謝しています。生徒の皆さんは、ドイツでの体験を発表してくれました。テーマは非常に小さなことですが、本に書いてあることやインターネットで伝えられていることではなく、自分がその場に行って、自分の目でみて比較し、考えたことを発表してくれ、すばらしいと感じました。実際に照度計を持って、照度を測って日本とドイツを比較した人もいました。
共に学び競争することは成長の原動力なるのだと、改めて考えました。私が、日本に来て学んだことは、日本の皆さんがいつもにこやかでお互いに敬意を払っていることです。そして四條畷高校の皆さんは、外国語での交流にも果敢にチャレンジしていました。私自身も、外国語を含め学ぶことへの勇気ををもらいました。四條畷高校のことは忘れません。
研修のテーマ :  環境