研修を活用する力/ガーナ国別研修産業振興支援(2013年3月)

ガーナで終焉を迎えた野口英世氏に思いをはせる研修員。

本研修は震災を受けた福島県に代わり当財団が昨年度より受託しているものです。今年度は全五週のうち三週目までを関西で、四週目以降を福島において実施。貿易産業省、商工会議所など中小企業支援機関の部長クラス12名が研修員として来日し、コースリーダーの経営コンサルタント 杉村氏の指導のもと、「カイゼン」、「中小企業支援」に関連する支援機関や企業への訪問とアクションプラン作成に取り組みました。

工作機械メーカーの経営者を捕まえ積極的に質問。

アクションプラン作成個人指導。研修成果に直結するため、コースリーダーも研修員も真剣そのもの。

土地勘のない福島県のスケジュール調整

福島日程については、県側が大枠と訪問先を決め、当財団が詳細な詰めと当日の進行を担いました。昼食を含めた移動スケジュールを組むときに困ったのは我々に土地勘がないことでした。そこで、大阪市内にある福島県大阪事務所で観光地図をもらってきたり、連絡をとりあっていた福島県ハイテクプラザの方に教えていただくなどしました。

大阪日程の訪問先アレンジに本格的に着手した時は来日前一カ月を切っていました。ご都合がつかないという企業もありましたが何とか日程を決めることができました。改めて協力先のありがたさを感じています。

疲れ気味に立ち上がるも序々に実力を発揮

研修初日にプログラムオリエンテーションを行いましたが、前日のフライトで疲れているせいか研修員の反応はよくありませんでした。しかし、日がたつにつれて講義や訪問先で質問が出始め、二週目では全員のモチベーションが高まってきました。「振返り」の時間では、訪問先で見聞きしたことを踏まえて各研修員が目指す産業振興支援の姿を考え、杉村コースリーダーの質問に答えることで考えを深めていきました。この研修は上手くいきそうだと感じた時、これまでの疲れが一度に出てきました。その後は順調に進み、二回目の「振返り」では早くも詳細なアクションプラン案を描く研修員も現れました。三週間で研修員は自分のアクションプランの大まかなイメージをつかんだようでした。

ガーナゆかりの福島県で研修の仕上げを

四週目の日曜日、研修員、黒田研修監理員とともに新幹線で移動し福島県郡山市内のホテルに入りました。翌日の福島県ハイテクプラザを皮切りに三つの支援機関と二つの企業を訪問。野口英世記念館でNHKのインタビューを受け、会津若松市で中学生と交流。金曜日の午後ホテルに戻った時は研修員はぐったりしていましたが、心を鬼にして残りのスケジュールを説明しました。土曜は各自部屋にこもってアクションプランの草案作り。日曜には関西から杉村コースリーダーが、東京から山口研修監理員がかけつけ、朝9時から6時までホテルの会議室で1人ずつ順番にアクションプランづくりの指導を行いました。翌日福島市内の会場に福島県、JICAの関係者が集まるなか、「自動車修理メカニックと木工職人が集積する産業村を2015年末までに担当地区につくる」「担当地域にあるパイナップル企業10社の輸出量を2016年末までに7%増加させる」など具体的な目標とその達成に向けたアクションプランを各研修員が発表しました。
「成果が出たのはあなた方がプログラムをうまく活用したからです」最終日の研修評価会で私は彼らにお世辞抜きでこう言いました。本質をつかむ力に優れていましたし、終盤疲れてきた我々を助けようとしてくれるなど人間的にもすばらしい人たちでした。

今回も多くの方々にお世話になりました。福島日程を詰める際にご尽力いただいた福島県ハイテクプラザの笹山様、植松様に感謝申し上げます。そして、杉村コースリーダーと黒田研修監理員。このお二人がいらっしゃらなかったらこういう仕事はできなかったと思います。

国際交流部 菅原

研修概要

研修名
ガーナ国別研修 産業振興支援
実施期間
2013年3月28日(木)~4月23日(火)
研修参加者
中小零細企業支援に携わる行政官、支援機関職員等12名
委託元機関
JICA関西
お世話になった方々、企業・団体(敬称略、訪問順)
有限会社サミットラボ 杉村光二氏、松下幸之助歴史館、大阪企業家ミュージアム、坂本造機株式会社、川村義肢株式会社、株式会社特発三協製作所、歴史街道推進協議会、株式会社さかい新事業創造センター、堺伝統産業会館、龍谷大学 松岡憲司氏、株式会社大阪工作所、ものづくりビジネスセンター大阪、株式会社鈴木製作所、東海バネ工業株式会社、福島県庁、福島県ハイテクプラザ、コラッセふくしま、福島県産業振興センター、福島県中小企業団体中央会、コマツ郡山工場、野口英世記念館、福島県立会津学鳳中学校、会津若松市国際交流協会、福島県立テクノアカデミー会津、会津天宝醸造株式会社
研修のテーマ :  経営管理