ミャンマーで初めてのセミナーを実施/ミャンマーPREX同窓会フォローアップ「日本とミャンマーの経済状況」現地研修(2006年10月)

PREXはミャンマー・ヤンゴン市にて10月26日に同窓会フォローアップセミナーを、10月27日に公開セミナーを実施しました。公開セミナーでは滋賀大学経済学部小田野純丸教授に日本とミャンマーの経済関係の現状と今後の展開についてご講義いただきました。この公開セミナーではミャンマー商工会議所の関係者や会員企業の方々の66名に出席いただくことができました。

ゾウ・ミン・ウィン

PREXミャンマー同窓会事務局長

ミャンマー同窓会は深い感謝の意を述べたいと存じます。PREXのミャンマー商工会議所への寛大なサポートや支援に対して心から感謝しております。加えて、我々の若い幹部候補生を関経連アセアン研修に招き入れていただくと同時に、ミャンマーにおけるPREX同窓会の設立のサポートをしていただきまして誠にありがとうございました。

日本の企業や技術、文化や環境を学ぶためにアセアン諸国から若い世代が集まるこの研修は、多岐に亘るPREX研修プログラムの中でも際立ってすばらしい研修だと思います。研修参加者達は、それぞれ知識やネットワークを構築し、相互理解を深めることができます。目まぐるしく進む技術進歩やグローバリゼーションの時代に、発展途上国は新たな難関をクリアするべく、効果的な方法で互いに協力し合うことを学ばなくてはいけません。PREXが研修参加者の経験や分野に応じて適切な専門家を選出されるようお願いいたします。そうすることにより、理論から実践への適用を学習でき、現場について理解を深めることもできます。

ミャンマー同窓会への支援と価値ある貢献、加えて日本とミャンマーの経済関係の現在と今後について議論してくださった小田野純丸教授に心からの感謝の意を述べたいと思います。更に、小田野教授は日本市場へのチャンスやグローバリゼーションの脅威に関して、政策を変えるという視点で深く議論していただきました。日本市場の需要や供給のパターンを変化させるという点で、我々途上国は、日本とミャンマーの経済協力を充実させることや日本市場へのアクセスが出来るように政策を変化し、ニーズに適応していく必要があります。我々は、今後もより強いつながりを持続させると共に日本とミャンマーとのより深い経済や文化協力を高め、アジア太平洋地域において安定した繁栄に貢献していきたいです。小田野教授の講義を聴講し、我々はより多くの知識を得、未来をより切り開ける展望と、日本と近代化についての理解を深めることが出来ました。

公開セミナーにて。

日本大使館にて。小田野大使とPREX同窓会の方々。

ミャンマー同窓会フォローアップセミナー

実施期間
10月26日(同窓会フォローアップセミナー)、10月27日(公開セミナー)
研修参加者
ミャンマー同窓会メンバー及びミャンマー商工会議所の関係者、会員企業の方々
関係機関
PREXミャンマー同窓会、ミャンマー商工会議所
テーマ
日本とミャンマーの経済関係の現状と今後の展開について
お世話になった方々、団体(講義・訪問順・敬称略)
滋賀大学経済学部 小田野純丸教授、ミャンマー商工会議所