<{$story.topic}> 【参加者募集中】関西の中小企業で働くベトナム人社員向け管理者養成研修(第二回)を実施 (7/15~8/20)
投稿日時: 2015年05月26日

関西の中小企業で働くベトナム人社員向け管理者養成研修(第二回)を実施
~中小企業のグローバル化に人材育成の分野で貢献する~
________________________________________

公益財団法人太平洋人材交流センター(PREX)(所在:大阪市/会長:井上義國)は、昨年に引き続き関西の中小企業で働くベトナム人社員等を対象とする「管理者養成研修」を実施します。

これまで外国人の社員には理解しにくかった日本のものづくり企業の経営の根底にある考え方を理解してもらい、海外拠点の幹部候補として育成します。 昨年の第一回には、大阪府内の中小企業3社から5名のベトナム人社員に参加いただき、研修を通じて管理者として成長した姿が確認できました。

25年にわたり途上国企業のマネージャー層に日本企業の経営を紹介してきた経験を活かし、中小企業の海外展開・グローバル化を人材育成の面から支援します。

【背景と目的】 PREXは関西の中小企業のグローバル化への貢献策について検討し、中小企業のニーズを確認するなかで、海外展開・グローバル化を推進する中小企業において、海外拠点の現地化は重要なテーマである一方、言語の問題もあり、海外人材の人材育成は各企業独自では難しいという声を聞きました。 そこで、昨年度から現在関西の多くの中小企業が関心を持っているベトナムを対象とした、海外人材向けのマネジメント研修を実施することといたしました。 ベトナム人社員が、近い将来、ベトナム拠点の運営管理を担えるよう、日本企業における経営理念の重要性、カイゼン活動を重要視する理由、日本人にとってのチームワークなど、これまで外国人の社員には理解しにくかった日本企業の経営の根底にある考え方について理解できることを目指し、今年度も研修を実施します。

【研修名】 「関西の中小企業で働く ベトナム人社員向け管理者養成研修」
【期間】  平成27年7月15日~8月20日(詳細はこちらを参照ください)

【対象者】 ものづくり企業のベトナム拠点の管理者もしくは、管理者候補のベトナム人社員など
【定員】  10名
【参加費】 12万円程度(厚労省キャリア形成促進助成金を利用できる場合があります)
【会場】  公益財団法人 太平洋人材交流センター(PREX) 会議室
(大阪市天王寺区上本町8-2-6 大阪国際交流センター2F 06-6779-2850)
【言語】   ベトナム語(日本語~ベトナム語の逐次通訳)
【研修内容】経営理念、カイゼン(品質管理、5S)、
組織管理(チームワーク、動機付け、小集団活動、 目標管理)、
人材育成(長期的視点での人材育成、技術・技能の伝承、従業員満足)

【お申し込み】以下の項目をEメールもしくはFAXにてご連絡ください。
① 貴社名 ②ご担当者(名前、所属、メール・電話番号)
  ② 受講者(名前、担当業務、経験年数) (申し込み先)
Eメール: seminar_vn@prex-hdr.or.jp  
FAX:06-6779-2840 
(締め切り)  6月30日(火)

<本件に関するお問い合せ・取材申し込み先>
公益財団法人太平洋人材交流センター(PREX)菅原、瀬戸口、浅沼、西本
TEL 06-6779-2850 Fax 06-6779-2840




【ご参考】
関西の中小企業で働くベトナム人社員向け管理者養成研修(第一回) 実施結果

【研修実施期間】2014年7月15日~8月1日 (10日間)
【参加者】   関西のものづくり中小企業3社からベトナム人社員5名、経営者(日本人)1名

【実施成果】  
2015年4月28日 フォローアップ会を開催し、研修に参加したベトナム人社員や、所属先の経営者に、研修後の状況や成果などについて確認しました。(ベトナム人社員3名、経営者2名が出席)

所属先の経営者の声 
・研修を受講してリーダーとしての責任感が強くなった。 納期が間に合わない場合には土日にカバーし、部下が 不良品を出した時は自分から社長に謝るようになるなど、社内にもよい影響を及ぼし始めている。 研修を受けて変わった。
・自分のことより会社のことを優先 して考えるようになった。

ベトナム人社員の声
・研修を受けて自分が強く動機づけされた。また、その意欲を皆に見せるようにしている。
・この研修で学んだことを活用し、不良品を出した際に日本人の若手を指導して原因を考え対策を講じた。
・今後の私の課題は部下をいかに教育しやる気を引き出すかだ。

■昨年度の様子はこちらからご覧ください。
http://www.prex-hrd.or.jp/modules/training/content0176.html

■ちらしのPDFデータはこちらからご覧いただけます。


 | アーカイブ  | RSS  |