納豆で国際交流!日本の発酵食品の食文化を伝える。小金屋食品株式会社(2017年11月)

小金屋食品株式会社 代表取締役 吉田 恵美子 氏(大阪府大東市:納豆製造、卸、小売)

納豆の糸のように私たちと、私たちに関わる全ての人々との絆を紡ぎ、日本の伝統的な健康食品「納豆」を世界中に広めていくことが、わが社のミッションです。日本の発酵食品という伝統文化を各国の方に知ってもらいたいと考えています。研修員の皆さんはキルギスからはるばる日本に来られただけあって大変真剣でした。「売り上げをのばし、会社を大きくしないのか」と質問を受け、「会社を拡大することが目的ではなく、利益を出すこと、本当にいいものを作ることを目指している」と伝えました。皆さん納豆を美味しいと言って試食していました。研修後に、はちみつを作っている研修員が「会社のあり方について重要なことを学んだ、納豆をはちみつに置き換えて、いいものをつくりたい」と言っていたと聞き、嬉しく思いました。会社は、理念をつくり、本当にいいものを追求し、信用を高めていくことで存続します。これからも、ほしくなってもらえる納豆を作り続け、海外からの研修員の方も受け入れたいと思います。