納豆一筋50 余年 製造・加工・ブランドづくり/小金屋食品(株)(2016年6月)
小金屋食品株式会社
大阪府大東市
http://koganeya.biz/index.html

研修員は、創業の想いを継承することの大切さと、伝統的な食品であっても、新しいものとして市場を創造することができる可能性があり、その実現のための具体的な手法などを学ばせていただきました。

大東市にある小金屋食品は、創業者の想いを引き継いで、半世紀以上に亘り、大阪には珍しい納豆の製造を続けておられます。二代目となる吉田社長は従業員の皆さんと一丸となり「チーム小金屋」として、「なにわら納豆」や「The・逸品納豆」などの新しいブランドを創出してこられました。「なにわら納豆」誕生までのストーリーは「小金屋納豆物語」として商品とともに人々に伝わり、多くのファンも生まれています。さらに、おしゃれなデザインの容器の開発やネットでの直販などにも取り組むことで、広く知られるようになりました。
研修で訪問したのは3 月ですが、その直前の2 月には大阪初といわれる納豆専門店「納豆BAR 小金庵」をオープンし、より多くの人に納豆に触れてもらえる場も提供しています。研修では吉田社長の講義とともに、納豆の製造現場も見学させてもらいました。そして、初めての納豆体験をしたキルギスの皆さんの反応は、「スーペル!フクースナ(凄い!おいしい)」でした。