コーヒーを通じたおもてなし ー生産者の顔が見えるコーヒーをー/(株)ヒロコーヒー(2014年12月)
(株)ヒロコーヒー
大阪府吹田市

最近はコンビニでも淹れたてが買え、一層身近に楽しめるようになったコーヒー、その中でも「サステイナブルコーヒー」という言葉をご存知ですか?語感から想像できるように、目先だけでなく、将来の環境、作っている人、土地の事も考えつつ作られるコーヒーをこう称します。

おいしく、かつ、人も土地も大切にしたコーヒーを! ヒロコーヒーは、世界各国から基準をみたす農園と契約し、生産者の顔がみえるコーヒーを提供されています。アフリカではタンザニアの農場、エチオピアの組合と契約。農園の人が健康な状態で働き、周りの土地のことも考えながら、そして、何よりおいしくできたコーヒー豆を。社長自ら農園におもむき、現場をみて購入を決定、鮮度を守りつつ輸送、焙煎され、関西中心の18 か所の店舗で提供されています。サステイナブルコーヒーという言葉は聞きなれない方も、まずは味わってみてください。コーヒーを通じたおもてなし、ほ~っとできる味が体感できます。

国際交流部 関野

タンザニアの生産地の様子

研修訪問時の写真

熟したコーヒー豆((株)ヒロコーヒー ホームページより)

研修訪問時の写真