世界中の安全な暮らしを守る水環境のために/阪神動力機械(株)(2014年6月)
阪神動力機械(株)
大阪市此花区

関経連アセアン経営研修にて同社訪問の様子。

同社の水中曝気撹拌装置アクアレータ 建設省「現:国土交通省」技術評価(建技評)第81102 号アクアレータは省エネルギー型曝気撹拌装置です。「空気供給機能」と「撹拌散気機能」の動力源を分離することで、きめ細やかな水処理とエネルギー効率の向上を実現しています。

世界中の安全な暮らしを守る水環境のために

同社は「機械づくり」で「人」と「環境」に貢献する企業として、1950 年の創業以来、歯車減速機を核に、水処理施設や河川施設などの動力装置、及び自動機・省力機の開発・生産、アフターメンテナンスまでを一括して行っています。同社の機械は私たちには見えませんが、私たちの水は同社の機械に頼っていることには間違いありません。 昨年11 月に関経連アセアン経営研修員をつれて訪問した際には、水処理設備用機器であるアクアレータをどのようにこれからアジアに売り込んでいくのかをご紹介頂きました。今までにない空気供給機能と強力な水流によりエネルギー効率の向上を図り、省エネで環境にもやさしいというアクアレータの最新技術は、研修員の関心を集めていました。実際の売り込み先として、アジア各国別に対する具体的なアプローチ方法を伺った後、研修員からは自国の仕組みなどの紹介がなされ、ビジネスに結びつかないかと議論が盛り上がりました。

国際交流部 浅沼