伝統産業の工房をネットワーク化/工房街道(2013年1月)

工房街道

所在地:奈良県東部地域

HP:http://www.koubou-kaidou.jp/

「中米・カリブ地域官民連携パートナーシップによる地域産業振興研修」で訪問

工房街道の活動拠点である三茶屋物産館前で先生方、職人さん達と。

奈良県東部地域には多くの魅力的な街道と200を優に超える様々な伝統産業の工房があります。コースリーダーの奈良県立大学の村田武一郎教授が提唱されたもので、点在する職人工房をネットワーク化し、地域の観光振興につなげでいます。奈良県は三つの世界遺産がありますし、多数の有名な神社仏閣など、歴史文化的な資源が豊富にある観光地です。その魅力は多くの人々を引きつけていますが、もう少し足を延ばすと里山に連綿と伝わる多彩な「ものづくり」の場があるのです。今回の研修では植貞男さんの工房での和紙づくり体験をさせてもらいました。伝統産業の体験のあとは、村田先生、先生とともに地域づくりをされている「奈良のむらづくり協議会」の大森淳平さん、「奈良県工房街道推進協議会」の会長で地域の伝統料理の継承者でもある澤井輝雄さんにもはいっていただき、研修員と一緒に工房街道をさらに発展させるための課題についてディスカッションをしました。伝統文化と地域振興の融合が体感出来る有意義な訪問となりました。