ミャンマー研修員/日本の会社の指導にとても感謝しています(2018年9月)

サイさん Sai Hla Htwe
Earth Industrial(Myanmar) Co., Ltd./2017年度関経連アセアン経営研修に参加

工場は、カンボジアの模範的な工場として国内外から見学者が多くあるそうです。見学者の安全のために立ち入り不可の黄色いラインが引かれていました。

工場内には「5S 」「カイゼン」の掲示物があり、熱心な取り組みがうかがえました。

サイさんは、いつも笑顔で、誰からも好かれる穏やかな方です。

2017年度の関経連アセアン経営研修に参加されました。今回、私たちのミャンマー訪問で、サイさんの企業を見学させてもらいました。
ヤンゴン市内から、でこぼこ道を車で約1時間、到着したサイさんの工場は、驚くほど整理整頓が行き届いた工場でした。サイさんの会社は、2012年まではミャンマーで電子部品を扱う唯一の会社であったため、JETROなど海外からの視察団が多く訪問されていたそうです。視察に訪れた日本企業のうち一社と、ジョイントベンチャーで誕生したのが今回見学させていただいた工場でした。
工場では、若い従業員の方が、狭いスペースにきっちりと座り、部品を製造したり、金属盤に印刷する作業も見せていただきました。私語一つなく、一心不乱に作業されているのですが、その精度の高さに驚きました。工場内は、きちんと清掃されていて、「5S」「カイゼン」の掲示物があちこちにありました。社員用の研修室もあり、この日は、新入社員が研修を受けていました。
この工場には、320人が働いています。福利厚生の制度も整っており、スポーツ大会や社員旅行もあるそうです。サイさんは「工場の運営は順調で、社員は満足して働いている。日本の会社の指導に大変感謝している」と話されていました。
昼食には、日本企業の駐在員の方が日ごろ食べていらっしゃる日本食のお弁当をご準備いただきました。訪問したのは5月。工場の敷地内にはマンゴーの実がたわわに実っていて、一番おいしい時期のマンゴーもいただくことができました。
(国際交流部 亀田)