HAPPY NEW YEAR 2018!コロンビア ヨアナさん(2018年1月)

『フェリス・アニョ・ヌエボ』(※スペイン語)
新年おめでとうございます。

「コロンビアから心を込めた挨拶を受け取ってください。
2017年は、日本での研修に参加し、学びと感謝の機会がある素晴らしい年でした。
私は新しい年が次世代にとってより良い明日と世界を築く熱意に満ち溢れることを願っています。2018年は心が熱望している全ての夢を叶える新しいスタートになると確信しています。
PREXやJICAの皆さんに感謝し、素晴らしい新年となるようお祈りします。
ハッピーホリデー!(良いお年を)

2017年7月に実施された「JICAコロンビア官民連携による地域産業・観光振興研修」は 自分自身にとって特別な機会となりました。日本文化について知る完璧な環境でした。つまり、伝統に敬意を感じ、規律、完璧さ、ふるまいの繊細さ、そして寛大で愛のある行動について理解することができました。

自分の業務にとっては 色々な町を訪問して地域産業の好事例を知り、その地域の 潜在力を確認し、地域経済の活性化、地域コミュニティーの発展のための取り組みや成果を学ぶという他と比べようもない経験となりました。
私たちの国でOVOP(一村一品)の手法を適用して実行することは間違いなく大きな課題です。
土地や人々に隠された宝物を見つけ出し、皆が自分自身の光で輝き、自分の 地域や国に誇りを感じるようにしなければいけません。

OVOPはコーヒー、チーズ、陶器、伝統工芸品、観光などのイニシアチブを通じて 世界にコロンビアをもっと知ってもらう機会になります。」

Yoanaさんが着ているドレスはcunbia(クンビア)というコロンビアの大西洋岸地域の 音楽・ダンスの伝統的な衣装で、国旗の色があしらわれています。
Yoanaさんはボゴタ近郊の人なのですが。コロンビアもカトリックの国なので、どちらかと言えばお正月よりクリスマスがメインです。カトリックの国では1月8日頃までがクリスマスシーズンです。

(コロンビア ヨアナさん 2017年度 JICAコロンビア官民連携による地域産業・観光振興研修に参加)