カンボジア帰国研修員/中小企業法への提言や起業のためのガイドラインを作成

カンボジア

チャンバナ・レアムさん

(鉱工業エネルギー省小規模事業・手工芸局 副部長)
「2009年度JICAアジア・大洋州地域中小企業経営管理」に参加

中央がレアムさん

小規模事業・手工芸局は、2000年、鉱工業エネルギー省内に国の民間セクター振興を担う機関として設立されました。中小企業の発展のための様々な施策の立案、そして実施を担う重要な機関です。
2006年以降同局からは、中小企業振興の取り組みを学ぶ研修にこれまでで8名の方が派遣されています。研修員からは、日本研修で初めて中小企業振興というものを学び、中小企業の社会的重要性に気付いたとの声が聞かれました。レアムさんを中心に、帰国研修員の皆さんは、2012年に制定を目指す中小企業法に対する提言をはじめ、起業のためのガイドライン作成、生産性センターや産業試験センターの機能充実、マーケテイング、品質管理、生産性向上などのトレーニング、銀行と中小企業を結ぶマッチング事業、中小企業への情報提供の充実(ホームページや機関誌の活用)に取り組んでいます。。(2011年9月)