関西と世界をつなぐPREXの活動は着実に広がり、途上国の発展に寄与しています。

PREXは、アジア・太平洋地域諸国を中心とした途上国の発展を担う中堅マネージャーなどを対象に産業振興関連の研修を実施し、人的交流、相互理解の促進を図っています。研修参加者たちは、日本で学んだ知識や経験を自国の発展に役立てるべく日々活躍されています。

PREXが設立されて25年。取り巻く国内外の情勢は変化しても、途上国の自立と発展のために、人材育成が不可欠であることに変わりはありません。

受入研修
関西地域の社会・経済の特色を生かし、経営管理、中小企業振興、市場経済化促進、輸出促進・マーケティング、環境、地域振興・観光振興などのテーマを中心に研修プログラムを準備。各国の行政官や、企業経営者が参加しています。また、日本の伝統や文化に触れてもらう機会を設けています。
海外研修
各国のニーズに応じたテーマで講師の先生方に出張いただき研修プログラムを実施。企業における人材育成のあり方や企業経営をテーマに、アセアン各国・地域の多地点を結ぶ遠隔研修も実施しています。中国各地や、NIS諸国の日本センター、中米でも中小企業振興や知的財産権の保護、輸出促進、環境をテーマにセミナーを開催しています。
同窓会フォローアップ事業
PREXは、14カ国・地域に設立されている同窓会や帰国研修員を対象としたフォローアップ事業を計画的に実施しています。帰国研修員が、日本で学んだことを各国で生かせるようフォローアップを行います。また研修を通じて得られた人的ネットワークを大切にし、情報提供や交流を継続しています。
国際交流事業
受入研修では、関西の観光・文化スポットを紹介する「関西プログラム」や一般のご家庭に滞在する「ホームビジット」を取り入れています。また、国際協力の意義やPREXの活動について理解を深めてもらうことを目的に「PREXシンポジウム」を開催しています。(年1回)